阪神の3選手が西宮市内の球団事務所で来シーズンの契約交渉を行った。

緒方凌介は今シーズンの年俸800万円(推定)から増減なしの現状維持でサイン。今シーズンは21試合で打率.167と結果を残すことができなかった。緒方は「がむしゃらに頑張る」と来シーズンへの奮起を誓った。

島本浩也は今シーズンの年俸720万円から380万円アップとなる年俸1100万円(推定)でサインし笑顔で「想像より上がりました。来年は50試合投げたい」と語った。

小宮山慎二は今シーズンの年俸1200万円から150万円ダウンとなる年俸1050万円(推定)でサイン。原口らの台頭もあり今シーズン小宮山は一軍で1試合のみの出場となっていたため「何もしていないので仕方ない」と神妙に語った。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事