ミスター完封”三浦銀二”【Players report】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

先日行われた明治神宮大会で全国区にのし上がった投手がいる。福岡大大濠高の三浦銀二である。三浦は初戦の明徳義塾戦で完封勝利をマークし同校の神宮初勝利を挙げ全国デビューを果たしたのだ。

氏名:三浦銀二(みうらぎんじ)
守備:投手
投打:右投右打
所属:福岡大大濠高校
出身:筑紫丘中

中学時代はボーイズリーグなどではなく筑紫丘中学で軟式野球をプレー。福岡県選抜入りも果たしている。福岡大大濠高に進学後1年秋からベンチ入りを果たす。1学年上に濱地真澄(阪神4位)がいたためエースになたのは濱地が抜けたこの秋からだ。

今秋の福岡県大会2回戦から明治神宮大会準決勝の早稲田実業戦までの13試合を1人で投げぬいた。投球回数は110回にものぼる。九州大会では3試合連続完封を飾るなどスタミナはあり制球もいい先発タイプだ。175センチと決して大柄ではなくゆったりとしたフォームから放たれるストレートの最速は144キロを誇りスライダー、チェンジアップを巧みに使い緩急で三振を奪う。

秋季九州大会を制したことで来春の選抜出場は当確だ。先輩でもある濱地のように「プロへ行きたい」と公言している三浦は春の選抜で明治神宮大会の雪辱を果たしたい。

その先には濱地のようにドラフト指名が待っているはずだ。

こちらの記事に関連するタグ

三浦銀二
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事