楽天の青山浩二が仙台市内の球団事務所で来シーズンの契約交渉を行った。青山は今シーズンの年俸9000万円から野球協約の減額制限を超える3000万円ダウンとなる6000万円(推定)で合意した。

青山はFA権講師せず残留を選んだが大幅な減額となった。「前半戦の不調は去年の成績に慢心してしまった絵結果。後半戦はフォーム固めを行い成績を取り返すことができた。来シーズンは後半戦のような投球を開幕から行いたい。ホールドのタイトルを獲得できるように頑張る」と慢心を悔いた。

青山は来年34歳となり投手陣では最年長となる。中継ぎ投手陣のリーダーとして背中で後輩投手陣たちを引っ張っていく。

<青山浩二・今シーズン成績>
50試合/1勝5敗14H/50回1/3/奪三振46/与四死球24/防御率4.83

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事