掲載日: 文章:Clipee運営局

西武はFA移籍の補償で金銭を選択予定!

今シーズンオフにFA権を行使し楽天へ移籍した岸孝之の補償に西武は金銭を選択する可能性が高いことがわかった。

岸の今シーズン年俸は2億2500万円(推定)とされておりAランクだ。この場合、1億8000万円の金銭補償もしくは、1億1250万円の金銭補償及び楽天が西武に提出するプロテクト名簿外の選手を1名獲得できる。

西武はウルフが来シーズンも残留することになっておりカブスからシュリッターも獲得している。しかし、さらなる外国人投手獲得を目指しておりその獲得資金に充当する目論見だ。

最終的には楽天の提出するプロテクト名簿を見てからの判断となるが金銭を選択することが濃厚となっている。

西武・木村昇吾が育成契約へ背番号は「121」

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事