巨人入団テストを受けた元ロッテ・伊藤は不合格、引退へ

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

今シーズンオフにロッテから戦力外通告を受け12球団合同トライアウト受験した後に巨人の入団テストを受けていた伊藤義弘。その伊藤は巨人の入団テストは不合格となり現役を引退することになった。

伊藤は「思い出に残っているのは日本シリーズの胴上げ投手と手術明けの初勝利。今後は教師を目指す。僕も子供の頃にプロ野球という華やかな世界を知った先生がいれば刺激になっていたと思う。野球だけではなく僕の経験を伝えていきたい」と語り教職を目指すことを明らかにした。

伊藤は2007年のドラフト4位でJR東海からロッテに入団。ルーキーイヤーから4年連続で50試合以上に登板するなどチームに貢献してきた。しかし、5年目以降は故障が続き2013年には右ひじの手術を受けるなど以降の登板は激減しており今シーズンの一軍登板はなかった。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事