平沢二世の万能プレーヤー西巻賢二【Players report】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

2015年ドラフト1位でロッテに入団した平沢大河が「センスの塊」とも称した逸材が仙台育英にいる。”平沢二世”と報道されている西巻賢二だ。

氏名:西巻賢二(にしまきけんじ)
守備:投手/内野手
投打:右投右打
所属:仙台育英高校
出身:仙台育英学園秀光中

西巻は秀光中学時代に全国中学軟式野球大会を制覇するなど軟式野球を3年かにやっていた。仙台育英に進学後は夏の甲子園で1年生ながらベンチ入りを果たし平沢、佐藤世那(オリックス)らとともに準優勝を果たす。途中出場ながら全試合に出場し決勝の東海大相模戦では当時のキャプテンであった佐々木柊野への代打で出場するなど絶大な期待を寄せられていた。

新チームになってからレギュラーを獲得し平沢の後を受け継ぐ形で背番号「6」へとなった。2年時は春夏の甲子園ともに出場はなかったが1番ショートとしてチームを牽引。時には救援としてマウンドにも登る。明治神宮大会初戦の履正社戦では1番ショートで出場し3打数1安打の成績を残しながらも最終回にマウンドへ登り1回無失点2奪三振を記録した。

167センチ60キロと身体が小さくパワーはないが身体能力が高く内野はどこでもこなせる万能プレーヤーだ。仙台育英の佐々木監督も「歴代最高で他にいない」と西巻を評価しており今後のさらなる成長に期待がかかる。

こちらの記事に関連するタグ

西巻賢二
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事