今秋のドラフト会議で阪神からドラフト2位で指名された小野泰己(富士大)が盛岡市内のホテルで入団交渉を行った。小野は契約金7000万円、年俸1200万円(推定)で仮契約に合意。

小野は「プロ野球選手になったことを実感できた。まずは一軍で登板し1勝したい。将来はエースを目指したいです。そして二桁勝ちたいです。大谷は岩手出身で僕も岩手の大学で育った同級生なので対戦したいと思った」と大谷との勝負を熱望した。

小野は富士大学のエースとして最速152キロを記録しているストレートが売りの投手で阪神の葛西スカウトも「ストレートの質がいい。素材として評価していますのでこれからもっとよくなる」と入団後も成長に期待していることを口にした。

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事