日本一の記念パレードに参加した大谷翔平(日本ハム)は大型バスの2階から沿道のファンに向けて手を振り笑顔で対応した。初の日本一、そしてパレードに「ファンの方に凄く来てもらってよかった。想像より多かったです」と語りパレードを楽しめた様子。

今後はオフの球団イベントで今以上に忙しくなるが「日本一になってから時間が経っているし気持ちの切り替えはできている」と語っている。

もちろん、トレーニングは続けており来春に開催される第4回WBCへ向け調整はすすめている。それに対し大谷は「プレッシャーが1年の最初に来る。調整に関しては特に何もない。開幕投手?言われたところで頑張るだけです」と語り本番へ向けて決意を新たにした。また、開幕投手にこだわりは見せなかった。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事