掲載日: 文章:Clipee運営局

オリックスからFAの糸井は阪神決断!

オリックスからFA宣言をし阪神と交渉中だった糸井嘉男が阪神へ移籍することを決断した。

オリックスの長村球団本部長が報道陣に対応し「阪神さんでやってみたい。という言葉を本人から聞きました。他球団で挑戦したいということです。本人が熟考した上での決断ですから新天地での活躍を期待したい」と語った。

糸井は席上で日本ハムからトレードでオリックスに移籍し4年間プレーした感謝を本部長にしたという。

長村本部長は「糸井選手の穴を若手が埋められるように競争しレベルアップをしてほしい」と続け若手の奮起に期待した。

オリックスにとって中心選手の糸井流出は痛手だが日本ハムからFA宣言をし移籍を希望している陽岱鋼の獲得へ本腰を入れると見られる。

オリックスがヘルメンを支配下登録へ、今季メジャー40試合登板

関連ニュース / コラム

こちらの記事も読まれています

新着記事