2015年ドラフト3位で巨人に入団した与那原大剛が初めての契約交渉を行った。

与那原は一軍登板こそなかったものの二軍で5試合に登板し1勝1敗の成績を残しており今シーズンの年俸600万円から10万円上積みされた610万円(推定)でサインした。

与那原は「GMから”150キロを投げられるポテンシャルがある”との言葉を頂きました。来シーズンは二軍スタートだと思うがしっかりとローテーションを守って一軍に上がれるように頑張る」と語った。トルネード投法が売りの与那原は二軍でフォーム改造をし課題であった制球力を矯正した。

今後は台湾で行われるウインターリーグにも参加予定で年末まで野球三昧となる。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事