最速151キロ右腕の草場亮太に要注目!【Players report】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

今秋のドラフト会議で注目されており日本ハムから3位で指名された高良一輝(九州産業大)の一学年下にもまたひとり逸材が現れた。

氏名:草場亮太(くさばりょうた)
守備:投手
投打:右投右打
所属:九州産業大学
出身:伊万里商業

佐賀県の伊万里商業から九州産業大に進学した草場は1年春に初登板を果たすものの右肩の故障を発症しその次のリーグ戦登板は3年春のリーグ戦となった。2年ぶりのシーズン復帰となった草場は5試合に登板し復活を果たす。

その草場が本格化したのは今秋のリーグ戦だ。リーグ優勝決定戦含め6試合に先発し防御率1.24の成績を残したことでベストナイン、最優秀防御率にも輝いた。最速150キロを超えるストレートを中心としカーブなどを使い緩急を使う。183センチの長身からスリークォーター気味に繰り出すことでタイミングを取りにくくすることで打者を幻惑する。

長身の割には75キロと線が細く華奢に見えるがリーグ戦での登板を見るにスタミナは問題なさそうだ。速いイニングで降板することが多いのは故障した肩への負担考慮だろう。

来春のリーグ戦では高良が抜けたエースの座に草場が座りチームを優勝に導く。その先にはドラフト上位指名が待っているはずだ。

こちらの記事に関連するタグ

草場亮太
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事