今秋のドラフト会議で西武から4位指名を受けた静岡高校の鈴木将平が静岡市内のホテルで入団交渉を行い契約金4000万円、年俸600万円(推定)で仮契約した。

鈴木は今夏のU-18アジア選手権でベストナインに輝くなど高校生外野手ではトップクラスの評価を得ていた。

「一軍で通用する身体を作って一年目で一軍に上がれるように頑張っていきたい。将来的にもう一度日本代表のユニフォームを目標にやっていく」と将来の侍ジャパン入りへ抱負を語った。

また、父が鈴木の打撃フォームを撮影しながら二人三脚でここまでやってきたことに対して「父にビデオカメラを買ってあげたい」と感謝を口にした。

鈴木の入団が決まったことで西武は今秋のドラフト会議で指名した6名全員の入団が決定となった。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事