阪神はプロテクトの28人の選考に悩み。大物の流出も!?

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

阪神は、オリックスをFA宣言した糸井嘉男を獲得した為、オリックスから人的補償を求められる可能性が高くなった。

現在ネットでは多くの阪神ファンやプロ野球ファンによる予想の書き込みが急増している。
阪神は過去に、ロッテをFA宣言して阪神に加入した小林宏の人的補償としてドラフト1位で獲得した期待の若手だった高濱を人的補償で獲得された苦い経験もある。

阪神は今年、多くの若手有望株が出てきた為に、成長著しい若手や絶対的ベテラン、貴重な左腕など、プロテクトにかける28名の選考に非常に頭を抱えていることが想像される。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事