掲載日: 文章:Clipee運営局

ロッテ・京大卒の田中は25%ダウン「苦しい一年だった」

2014年ドラフト2位でロッテに入団した京大出身の田中英祐が来シーズンの契約交渉に臨んだ。今シーズン一軍登板のなかった田中は、年俸1340万円から減額制限いっぱいの25%ダウンとなる1005万円(推定)でサイン。

会見で田中は「苦しい一年だった。契約更改は厳しいだろうと予想していました。今までのやり方ではダメだということ。来シーズンは勝負の年となるので一軍昇格できるようになんとか頑張っていきたい」と3年目となる来シーズンへ向けて決意を語った。

今シーズンの田中は二軍でも1試合の登板に終わっており、大卒とは言え来シーズンが進退をかけた年になる。”京大卒”という肩書ではなく野球選手としての実力で一軍を目指す。

稲村亜美がロッテの平沢を三振斬り。

関連ニュース / コラム

こちらの記事も読まれています

新着記事