DeNA・下園は現状維持で更改「代打という仕事を突き詰める」

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

DeNAの下園辰哉が横浜市内の球団事務所で来シーズンの契約交渉を行った。下園は今シーズンの年俸2300万円(推定)から現状維持でサイン。

契約更改後の会見では「代打1本で今シーズンは結果を残せた。来シーズンも代打を突き詰めていきたい。クライマックスシリーズの経験をまた来年もしたい」と代打の切り札として来シーズンもチームに貢献するつもりだ。

今シーズンの下園は67試合中60試合が代打での出場となっており代打時の打率,260、出塁率.367と好成績を収めている。来シーズン33歳となる下園は”代打道”を極めて行く。

<下園辰哉・今シーズン成績>
67試合/打率.270/1本/14打点

こちらの記事に関連するタグ

横浜DeNAベイスターズ
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事