今秋のドラフト会議で日本ハムから3位指名された高良一輝の母校である九産大こと九州産業大から新たなドラフト候補が2人生まれそうだ。1人は最速151キロ右腕の草場亮太、そしてもう1人が今回ご紹介する井出亮太郎だ。

氏名:井出亮太郎(いでりょうたろう)
守備:投手
投打:右投左打
所属:九州産業大学
出身:九産大九州高校

井出は九産大九州高校で1年時からベンチ入りを果たし3年夏の選手権予選ではエースとして6試合に登板するが甲子園出場はならなかった。高校時代はアンダースローとして活躍しておりプロ注目だったがプロ志望届は提出せずに九産大へ進学。

九産大ではサイドスローとして1年春からリリーフとして登板。1年冬の時点でユニバーシアード日本代表候補にも選ばれるな有望株だった。185センチと長身のサイドスローから放たれる”浮き上がるシュート”は特徴的で最速147キロのストレートとこのシュートで三振を奪う。

九産大進学後はリリーフとしての登板が多くなっているが高良が卒業したことで来年は先発起用もあり得るがプロでは先発よりもリリーフでの起用が合いそうだ。決め球は違えどヤクルトの秋吉亮のような存在でセットアッパーとして重宝されそうな予感がある。

チームメートの草場とともに来年のドラフトで指名されることは間違いなさそうだ。

こちらの記事に関連するタグ

井出亮太郎
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事