“世界の野球事情” ウィンターリーグを探る / メキシコ編

 日本というより、北半球では野球はすっかりオフシーズンになったが、地球の反対側は今まさに野球シーズン真っ盛りだ。ウィンターリーグと呼ばれるプロ野球が中南米を中心に9か国で行われている。これからしばらくはこの知られざるプロ野球について紹介していく。

年を通じていくつものプロリーグが展開されるメキシコ

 すでにメキシコ野球の紹介をした際にふれたが、メキシコでは広い国土のどこかで年中プロ野球が行われている。現在のところ、夏季リーグであるメキシカンリーグの若手選手がリーグ直轄のメキシカンウィンターリーグとペニンシュラリーグのふたつの育成リーグでプレーしている。これに対して、実績のあるベテランたちは、大西洋岸で展開されるベラクルスウィンターリーグか太平洋岸のメキシカンパシフィックリーグでプレーする。これらのうち、最高レベルなのは、メジャーリーガーも参加するメキシカンパシフィックリーグだ。

 このリーグの覇者は、中南米ナンバーワンの座をかけてカリビアンシリーズに進出する。
※2016年のカリビアンシリーズではメキシコ代表のベナドス・デ・マサトランが38年ぶり2回目の優勝に輝いている。

こちらの記事に関連するタグ

ウィンターリーグ_メキシコ
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事