上武大学のヒットメーカー”鳥巣誉議”【Players report】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

井納翔一(DeNA)、加藤翔平(ロッテ)などを輩出している上武大学からドラフト候補が現れた。ヒットメーカーとして関甲新学生野球連盟で2年秋に首位打者も獲得している鳥巣誉議だ。

氏名:鳥巣誉議(とりすたかのり)
守備:内野手
投打:右投左打
所属:上武大学
出身:久留米商業高校

久留米商業時代から注目されていたヒットメーカーの鳥巣は3年時にプロ志望届は出さず上武大学へ進学。高校時代はショートだったがサードにコンバートされ1年の春からヒットを量産しベストナインに選ばれる活躍を見せた。

以降も毎シーズン高打率をマークし2年の秋に首位打者を獲得する。しかし、3年になると打撃成績が急降下し3年春は打率.174と2割近く打率を下げてしまう。

大学生のサードというと大山悠輔(阪神1位)のような強打者のイメージが強いが鳥巣はコンタクト系のサードでありプロで言うと川端慎吾(ヤクルト)が近い存在かもしれない。川端も高校時代はショートを守っておりプロに入ってからファーストへコンバートとされた。

177センチと大柄でもなく俊足巧打型の鳥巣がプロで活躍するにはパワーをもう少し付けないと難しい。現状、ドラフトでサードとしての上位指名は厳しいが下位指名で伸びしろに期待する球団はあるかもしれない。最上級生となる2017年の鳥巣に期待したい。

こちらの記事に関連するタグ

鳥巣誉議
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事