山田哲人と青木宣親〜新旧ミスタースワローズの共演〜

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

来春に行われる第4回WBCに招集確実な山田哲人(ヤクルト)は青木宣親(アストロズ)との共演を心待ちにしている。

今シーズンオフにマリナーズからアストロズへと移籍した青木。アストロズは青木に限らずWBCへの選手派遣を容認する方針を取っており小久保裕紀監督がオファーを出せば招集できる見込みだ。

青木が招集されるとなれば山田と共にヤクルトの背番号1を背負った「ミスタースワローズ」が揃い踏みすることになる。青木と山田の揃い踏みは公式戦で実現していない。唯一の共演が山田のルーキーイヤーだった2011年のクライマックスシリーズだ。当時の山田はショートとして試合に出場しセンターの青木とセンターラインを組んでいた。共演したのはわずか3試合だった。翌2012年から山田は一軍に定着し青木は海を渡りメジャーリーグへと戦いの場を移すことになる。

昨シーズン大ブレイクした山田はトリプルスリーを達成しミスタースワローズの証である背番号1を着用することが決定。そのお披露目の場で青木はサプライズ登場。山田に背番号1のユニフォームを手渡した。また、先日の明治神宮創建90周年記念試合では青木が始球式を行うなどちょっとした接触はあったが共に中心選手としての試合出場は来春のWBCが初になる。

山田は「一緒にできたらうれしいですね。青木さんには内野の守備位置からアウトカウントのサインを出すくらいですかね?その前に僕はメンバーに選ばれますか?」と笑顔で語っている。新旧ミスタースワローズの共演が侍ジャパンのユニフォームで6年ぶりに実現することに期待したい。

こちらの記事に関連するタグ

IMAGECLIPEE
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事