掲載日: 文章:Clipee運営局

オリックス・ドラフト4位山本とドラフト9位の根本が仮契約。

今秋のドラフト会議でオリックスから4位で指名された山本由伸(都城高)、ドラフト9位で指名された根本薫(霞ヶ浦高)がそれぞれ仮契約を行った。

都城高校で入団交渉を行った山本は契約金4000万円、年俸500万円(推定)でサイン。背番号は「43」となった。仮契約後に山本は「プロとしての自覚が強くなりました。球界を代表する投手を目指して頑張っていきたいと思います」と意気込みを語った。

霞ヶ浦高校で入団交渉を行った根本は契約金1000万円、年俸450万円(推定)でサイン。背番号は「59」となった。オリックスの「59」は中継ぎで活躍している塚原頌平のつけていた番号でもあり出世番号だ。根本は「ドラフト9位でも新人選手としてのスタートは一緒だと思う。早く一軍に上がれるよう頑張ります」と意気込みを語った。

オリックスはT-岡田に複数年契約を提示予定

新着記事