期待の大型ショート!”峯村貴希”【Players report】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

好左腕だった早川隆久を擁して春夏の甲子園に出場した木更津総合。今年もその木更津総合からプロ注目の選手が出現した。ショートを守り新主将でもある峯村貴希だ。

氏名:峯村貴希(みねむらたかき)
守備:内野手
投打:右投左打
所属:木更津総合高校
出身:佐倉シニア

峯村は佐倉シニアで1版打者としてジャイアンツカップを制するなど中学生時代から注目を浴びており木更津総合に入学後も1年春からレギュラーを獲得。五島監督も「峯村は運動能力が高い」と評価しており1年秋の秋季大会では千葉県大会から明治神宮大会までの14試合で打率.383と好成績を残す。

2年生となった今年は春夏の甲子園に出場するが春は3試合で打率.182、夏も3試合で打率.091と結果を残せていない。早川ら3年性が抜けた新チームで峯村は主将となり秋季大会に臨むも千葉県大会2回戦敗退と苦しい結果が続いている。

184センチと大型ショートで降格に打てる打撃技術が売りとして期待がかかり地方大会からプロのスカウトが注目をしている逸材。しかし、1年生のときの爆発ぶりが見られず停滞気味だったが南部大会では優勝を果たし決勝戦でホームランも放っており復調気配だ。

ジャイアンツカップ優勝時にチームメートだった金久保優斗(東海大市原望洋)は関東大会で準優勝を果たし来春の選抜出場は確実だ。その金久保に夏はリベンジを果たす。

こちらの記事に関連するタグ

峯村貴希
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事