ヤクルトの大引啓次が東京都内の球団事務所で来シーズンの契約交渉を行った。大引は今シーズンの年俸7000万円(推定)から現状維持でサインした模様。

契約更改後の記者会見で大引は「調子の波が激しいシーズンだったと思う。来シーズンは一度も達成したことのない全試合出場を目標にしたい。1年間全試合に出た上でチームの優勝に貢献したいと思います」とフルシーズン戦うことを宣言した。

今シーズン大引は離脱もあり100試合の出場に留まっている。ヤクルトのショートは今浪隆博、西浦直亨、谷内亮太、そして売り出し中の廣岡大志と戦国地帯だ。ベテランとしてレギュラー争いに負ける訳にはいかない。来シーズンはフル出場でショートのレギュラーを死守するつもりだ。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事