慶応が誇る右のスラッガー”岩見雅紀”【Players report】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

投手に好素材が揃っていた2016年のドラフト戦線だが2017年に目を向けると清宮幸太郎(早稲田実業)などの野手陣に注目株が揃っている。そこで今回は大学生注目の素材をご紹介しよう。

氏名:岩見雅紀(いわみまさき)
守備:外野手
投打:右投右打
所属:慶應義塾大学
出身:比叡山高校

岩見は比叡山高校時代に甲子園への出場はなく注目される存在ではなかった。野球部への推薦入学はなく一浪を経て慶応大学に入学した苦労人だ。一浪していることもあり世代は2016年のドラフト組と同じになる。

1年時に出番はなく2年春からベンチ入りを果たし2年の秋に途中交代名がら10試合に出場し打率.500(10打数5安打)、2本の成績を残し3年生となった今年春からレギュラーを掴む。

この春は打率.313、4本、13点と一気に才能が開花しプロ注目のスラッガーへと成長した。秋季リーグも打率.345、3本、10打点とし大学通算9本塁打とした。東京六大学本塁打記録8位タイとなる慶応の先輩で元巨人の大森剛がもつ17本まで残り9本とし記録更新にも期待がかかる。

豪快なフォームで長打を量産する岩見は長打力不足に悩むチームにとってうってつけの存在だ。守備位置も一塁、三塁ではなく外野を守っており使い勝手もいい。

左右は違えど慶応の大先輩高橋由伸現巨人監督と同じようにドラフト1位でプロに入れるだろうか。来秋のドラフトに注目が集まる。

こちらの記事に関連するタグ

岩見雅紀
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事