新人王は阪神・高山と日本ハム・高梨

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

NPBアワードが品川で行われ両リーグの新人王が発表された。

セ・リーグは阪神の高山俊がか受賞し2007年の上園啓史以来9年ぶりに阪神からの選出となった。高山は明治大から阪神に2015年のドラフト1位で入団し開幕スタメンを勝ち取ると134試合に出場し打率.275とチームを牽引した。

パ・リーグは日本ハムの高梨裕稔が受賞。チームとしては昨年の有原航平に続いて2年連続の受賞となる。高梨は2013年のドラフト4位で日本ハムに入団し昨シーズンまではほぼ二軍ぐらしで一軍では7回1/3死か登板していなかった。3年目となる今シーズンは10勝を挙げチームの優勝に貢献した。

<高山俊・今シーズン成績>
134試合/打率.275/8本/65打点

<高梨裕稔・今シーズン成績>
37試合/10勝2敗/109回2/3/奪三振86/与四死球40/防御率2.38

npb
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事