掲載日: 文章:Clipee運営局

阪神・梅野は150万円減でサイン「責任をもって頑張る」

阪神の梅野隆太郎が西宮市内の球団事務所で来シーズンの契約交渉を行い今シーズンの年俸1500万円から150万円ダウンとなる1350万円(推定)で更改した。

今シーズンの梅野はホームランを打てる正捕手候補として期待されていたが原口文仁の台頭もあり出場試合数が昨シーズンの56試合から37試合に減少していた。
記者会見で梅野は「良いシーズンじゃなかった。いい部分もあったのでそこは来年につなげていきたい」と語った。

来シーズンの梅野は原口、坂本誠志郎と正捕手の座を争うことになる。選手会副会長として臨むシーズンということもあり「今年以上に責任を持って頑張る」と意気込んだ。

<梅野隆太郎・今シーズン成績>
37試合/打率.135/0本/4打点

阪神、メッセと2年契約で合意 来シーズンも2桁勝利に期待

こちらの記事も読まれています

新着記事