実力は即戦力級!大学野球界の豪腕投手達。

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

明治神宮大会が明治大学の優勝で幕を閉じ大学野球は全チームが世代交代を果たした。現3年生が2017年のドラフト候補となり1年後のドラフト会議まで切磋琢磨しプロ球団からの指名を待つ。そんな、来年のドラフト上位指名候補となるであろう大学生のなかから実力は即戦力級の豪腕投手を5名ご紹介しよう。

馬場皐輔(仙台大)

宮城県生まれで仙台育英高校から仙台六大学野球の仙台大学へ進学した馬場皐輔は2017年ドラフト要注目のパワー型右腕だ。

仙台育英時代は上林誠知(現ソフトバンク)と同学年で甲子園に2度出場し4試合に登板。当時から最速145キロのストレートを投げ一部では注目を集めていた。しかし、プロ志望届は提出せず仙台大学へ進学した。仙台大学では1年春から試合に出場しエースへの道を歩み始めたていた。今秋の神宮大会予選では小野泰己(阪神2位)率いる富士大に敗れたものの最速152キロのストレートを披露。スライダーも135キロ前後出ており秋季リーグ戦にあまり登板してりなかった不安を吹き飛ばした。2015年ドラフト2位の熊原健人(DeNA)に続き仙台大学から上位指名選手が生まれるかもしれない。

大学豪腕投手
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事