掲載日: 文章:Clipee運営局

元八重山商工監督の伊志嶺吉盛氏が大分の日本文理大付属高校野球部に就任。

沖縄の八重山商工を一躍全国区の野球部に育て上げた名将”伊志嶺吉盛氏”が2016年12月7日に大分県の日本文理大付属高校の野球部監督に就任する。

伊志嶺監督は離島のハンデを覆し、2006年に甲子園春夏連続出場を果たし石垣島の野球事情を一変させた。
甲子園に出た際の中心メンバーが現ロッテの大嶺祐太選手である。

現在、伊志嶺監督は沖縄の八重山ポニーズの監督を務めており、12月3.4日で開催される第6回全日本コルトリーグ中学野球選手権大会まで現チームを指揮した後に、日本文理大付属の監督に就任する形となる。
伊志嶺監督は”3年以内に結果を出す(甲子園に出場する)”ことを目標に石垣から遠く離れた大分の地で全身全霊を捧げ指導していく。

今後、日本文理大付属高校の活躍に注目していきたい。

▼伊志嶺吉盛監督の関連動画

デビュー戦で初ホームラン”長南有航”【Players report】

こちらの記事も読まれています

新着記事