ソフトバンクの松坂大輔がプエルトリコウインターリーグで所属するヒガンテス・デ・カロリーナに合流した。ヒガンテスは巨人から派遣されている岡本和真、高木勇人、平良拳太郎も所属している。

松坂は昨シーズンからソフトバンクに所属、2年間で登板は1試合のみとなっており来シーズンの復活が期待されている。今シーズン唯一の登板となった10月の楽天戦では1イニング被安打3、与四死球4、5失点(自責2)と結果を残すことができていなかった。

松坂は合流後ランニングなどのメニューをこなし「ウインターリーグで投球回数や球数は決めていない」と話している。初登板は日本時間4日が予定されており注目が集まる。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事