チームで掲げているのが、「守・破・離」。基本を守り、次の段階でそれを守り、さらにそこから離れて新しいものを生み出す。甲子園に行くこと、そして全国制覇を果たすことは、「離」の段階に到達することだと、同校を率いる松本吉啓監督は話す。

IMG_1035

 平成16年の夏の選手権大会に初めて出場し、3回戦でダルビッシュ有投手(現テキサス・レンジャーズ)擁する東北高校を延長戦で3対1で撃破すると、あれよあれよという間にベスト4に進出。その後も平成18年の夏、平成19年の春、平成20年の春、夏と、春夏合わせて5度の甲子園出場を果たしているが、その後は8年ほど遠ざかっている。
「甲子園に何度か出場すると、いつしか『勝って当たり前』の雰囲気が、周囲から伝わってくるようになりました。でも、子どもたちを勝たせなければならないつらさもあれば、勝ち続けるつらさだってある。新チームになって、選手が変われば勝ち抜いていくためのプロセスは毎年違います。『限られた戦力のなかで、どうやりくりすれば勝てるのか』と私自身、毎年のように頭を悩ませているんです」

 千葉経済附属高校の選手は決して大柄でもなければ、目を引くようなストレートを投げる投手、あるいはフェンスオーバーを連発するような打者はいない。どこにでもいる高校生が懸命に練習に取り組んでいる。

 現在、千葉県の高校野球は木更津総合、東海大望洋、専大松戸といった私学3校が頭一つリードしている状況だが、こうした現状をどう打破していくのか、松本監督にじっくり話をうかがってみた。

千葉経済大学附属高校・硬式野球部について

IMG_1001 

学校名 千葉経済大学附属高校
所在地 〒263-8585 千葉市稲毛区轟町4-3-30
練習場所 千葉経済大学附属高校 硬式野球部専用グラウンド(中野運動場)
千葉市若葉区中野町2678
学校HP http://chibakeizai.moo.jp

メンバー構成(2016年11月時点)
2年生30人、1年生20人、女子マネージャー3人(いずれも2年生)
スケジュール 月~金 16時半~19時 土日祝日 おもに練習試合

年実績
全国高等学校野球選手権大会 3回出場(2004年、2006年、2008年)
選抜高等学校野球大会 2回出場(2007年、2008年)

<平成28年> 
第69回春季千葉県高等学校野球大会 ベスト4
第98回全国高等学校野球選手権千葉大会 ベスト4
第69回秋季千葉県高等学校野球大会 3回戦
<平成27年> 
第68回春季千葉県高等学校野球大会 ブロック予選敗退
第97回全国高等学校野球選手権千葉大会 初戦敗退
第68回秋季千葉県高等学校野球大会 ベスト8
<平成26年> 
第67回春季千葉県高等学校野球大会 ベスト4
第96回全国高等学校野球選手権千葉大会 5回戦
第67回秋季千葉県高等学校野球大会 3回戦

こちらの記事に関連するタグ

千葉経大附01
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事