12月1日、今季日本シリーズを制し晴れて日本一になった日本ハムを始め各球団が大物選手との契約更改に臨んだ。
本日契約交渉に臨んだのは今季本塁打と打点のセ・リーグ二冠の筒香嘉智に日ハムを優勝に導いた中田翔に中島卓也に西武の秋山翔吾、巨人の村田修一などいずれも注目度の高い契約交渉となった。

本日の契約交渉結果は以下の通り。(金額は推定)

※投手
◆【巨人】澤村 拓一:1億5000万(+5000万)
◆【阪神】藤川 球児:2億(現状維持)
◆【日ハム】高梨 裕稔:3000万(+2170万)

※捕手
◆【西武】炭谷 銀仁朗:1億円(現状維持)

※野手
◆【巨人】村田修一:2億円(-1億)
◆【DeNA】筒香 嘉智:3億円(+2億円)
◆【日ハム】中島 卓也:1億円(+2000万)
◆【日ハム】中田 翔:2億8000万(+3500万)
◆【西武】秋山 翔吾:2億円(+5000万)

結果は様々だが、二冠を達成した筒香は3倍になり、新人王を獲得した高梨も3倍以上と類まれな結果を残した選手には想像以上の条件提示がされている。
では、最も注目される大谷翔平の契約公開はどのあたりが攻防ラインになるのだろうか。

こちらの記事に関連するタグ

IMAGECLIPEE
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事