日本ハムの宮西尚生が札幌市内の球団事務所で来シーズンの契約交渉を行い今シーズンの年俸1億9000万円から1000万円アップとなる2億円(推定)で更改した。宮西は海外FA権を取得しているが行使せずに単年契約で残留となる。

宮西は今シーズンもセットアッパーとして戦い入団以来9年連続での50試合登板も達成した。また、巨人の山口鉄也に次ぐプロ野球史上2人目の通算200Hも達成。増井浩俊、マーティンと守護神不在の時期は日替わりで守護神も務めるなど日本ハムの日本一に大きく貢献した。

会見で宮西は「来シーズンも50試合は確実に投げなければいけない。10年連続50試合登板は通過点」と来シーズンだけでなくその先を見据えた発言で活躍を誓った。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事