掲載日: 文章:Clipee運営局

六大学・東都以外が本気で熱い!関東にある大学野球はこれだ!

関東の大学野球は東京六大学野球連盟、東都大学野球連盟を中心に7連盟ある。昨今はドラフトで指名されることも増え六大学、東都以外の連盟も注目を浴びるようになってきたがまだ情報は少ない。今回は六大学、東都以外の関東にある大学野球連盟をご紹介しよう。

首都大学野球連盟

概要

桜美林大学から佐々木千隼(ロッテ1位)を輩出し注目をあびることが多くなった首都大学野球連盟。加盟校は1部が6大学、2部が9大学の全部で15大学となっている

東海大学が圧倒的な強さを誇っており2016年秋季リーグ終了時点で101回リーグ戦が開催されているが69回の優勝を誇る。かつては原辰徳(元巨人)、菅野智之(巨人)など有力選手を多数輩出している。今年のドラフトでは桜美林大学から史上初となるドラフト指名を佐々木千隼(ロッテ1位)が受けた。

加盟校

・1部リーグ:日本体育大学、筑波大学、東海大学、桜美林大学、城西大学、帝京大学
・2部リーグ:武蔵大学、明治学院大学、明星大学、獨協大学、東京経済大学、玉川大学、大東文化大学、成城大学

※2016年秋季リーグ時点での1部、2部

主な現役プロ野球選手

東海大学:菅野智之(巨人)、田中広輔(広島)
帝京大学:青柳晃洋(阪神)
城西大学:比屋根渉(ヤクルト)、渡辺直人(西武)

【2016年ドラフト指名選手】
<投手>
佐々木千隼(桜美林大学):ロッテ1位
丸山泰資(東海大学):中日6位

<内野手>
南要輔(明星大学):楽天育成2位

<外野手>
松原聖弥(明星大学):巨人育成5位

こちらの記事も読まれています

新着記事