掲載日: 文章:Clipee運営局

完成形は澤村拓一か?山梨のスーパー1年生”小野寺瑞生”【Players report】

1年生離れした体格で注目を集めている山梨のスーパー1年生を紹介しよう。東海大甲府高校の小野寺瑞生だ。

氏名:小野寺瑞生(おのでらみずき)
守備:投手
投打:右投右打
所属:東海大甲府高校
出身:川崎中央シニア

田中正義(ソフトバンク)の出身シニアでもある川崎中央シニア時代にU-15侍ジャパンにも選出されていた小野寺。2015年に行われたU-15アジアチャレンジマッチでは2試合に投7イニングを投げ6奪三振、5失点(自責5)と結果を残すことはできなかった。

その小野寺は進学先として東海大甲府高校を選択しは1年生ながら今年の夏の予選にベンチ入りを果たし県予選2回戦で初登板し1回を投げ2奪三振と上々のデビューを飾ったている。高橋周平(中日)、村中恭兵(ヤクルト)らを育てた村中秀人監督も手放しで喜ぶ最高のスタートを切った。惜しくも、決勝で山梨学院に敗れ甲子園出場はならなかったのは残念だ。

秋季大会では山梨県大会ベスト8で姿を消しており来春の選抜は絶望的。夏の甲子園にかけることになる。184センチ95キロと高校1年生とは思えない体格から最速143キロのストレートを投げ込む小野寺は下半身の力が身体に乗ればスピードアップも夢ではない。

体格、ストレートの質からすると澤村拓一(巨人)、加藤拓也(広島)といったパワー型の投球が完成形になりそうだが村中監督はどのような指導を行っていくのだろうか。注目したい。

キーワード

新着記事