掲載日: 文章:Clipee運営局

荒川博氏死去 一本足打法の生みの親

王貞治氏の育ての親で一本足打法を生み出したことで知られる荒川博氏(86)が4日東京都内の病院で亡くなった。

荒川氏は早稲田実業から早稲田大学へ進学。1953年に毎日オリオンズへ入団し9年間の現役生活を送る。802試合に出場し打率.251、16本、20打点の成績だった。

その後、巨人のコーチに就任し川上哲治監督のもとで7回の日本一を経験した。コーチ期間中に王貞治を指導し一本足打法を定着させ「世界の王」にまで育て上げた。

1973年からはヤクルトの打撃コーチを務め翌年から監督へ昇格。3年間ヤクルトの監督を務め最終年は成績不振のため休養となっているがAクラス1回の成績を残した。

ヤクルトの監督を退任後は現場から離れ解説者などで活躍していた。

【アジアWL】平沢、廣岡が1発、オコエ2安打、吉田は3打点〜躍動するルーキーたち〜

こちらの記事も読まれています

新着記事