掲載日: 文章:Clipee運営局

笠原先輩に続け!新潟から全国へ”漆原大晟”【Players report】

今秋のドラフト会議で笠原祥太郎が中日から4位で指名され注目を浴びた新潟医療福祉大学から2018年のドラフトで指名されそうな選手が誕生した。地元である新潟明訓高校から進学した漆原大晟だ。

氏名:漆原大晟(うるしはらたいせい)
守備:投手
投打:右投左打
所属:新潟医療福祉大学
出身:新潟明訓高校

漆原は新潟県の強豪、新潟明訓高校で活躍し一部ではドラフト候補として取り上げられていた。高校時代からストレートとスライダーのキレには定評があったがプロ志望届の提出は行わず進学の道を選んだ。

新潟医療福祉大では1年秋から本格的に登板を開始。その1年秋にはリーグ新記録となる11者連続奪三振を記録するなど存在感を見せていた。主にリリーフとして登板していたが徐々に先発も増え今年は笠原祥太郎と二枚看板を形成していた。

今秋のリーグ戦では防御率4.65とリーグ8位の成績を残し3勝をマーク。181センチの長身から投じるストレートの最速は150キロを誇るが今秋のリーグ戦で40.2回を投げ22奪三振、24四死球と制球に課題が残る。

今秋のリーグ戦最終戦で先発登板し白鴎大にKOされ号泣した悔しさを胸に笠原が抜けたチームを引っ張りたい。2年生の段階では即戦力ではなく素材型の評価だがドラフトまで2年あるので制球力を磨き即戦力としての指名を目指す。

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事