掲載日: 文章:Clipee運営局

西武・森が4500万円でサイン「最低限の成績は残せた」

西武の森友哉が所沢市内の球団事務所で来シーズンの契約交渉を行い今シーズンの4000万円から500万円アップとなる4500万円(推定)でサインした。

今シーズンの森は捕手、右翼、指名打者と3つのポジションでの出場となったが来シーズンは捕手一本に絞って出場を目指すという。
会見で森は「前半は調子が良くなかったけど最低限の成績は残せたかな。来シーズンは捕手一本で行きたい」と改めて自分の口から捕手一本で行くことを宣言した。

辻発彦新監督も打てる捕手の育成を掲げており森を捕手として育てる方針なのは間違いない。

来シーズン”打てる捕手”として森が独り立ちし炭谷銀仁朗らとのレギュラー争いに勝てるかどうかが西武の上位浮上のカギを握る。

西武・野上が800万円減でサイン「上しか見ていない」

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事