掲載日: 文章:Clipee運営局

ソフトバンク・森は1700万円アップ「勝ちパターンで投げたい」

ソフトバンクの森唯斗が福岡市内の球団事務所で来シーズンの契約交渉を行い今シーズンの年俸7000万円から1700万円アップとなる8700万円(推定)で更改した。

森は今シーズンセットアッパーとしての期待が掛かっていたがシーズンを通してセットアッパーの役割を果たすことができなかった。
会見で森は「3年連続で50試合に登板したことはよかったが貢献できていない。後半戦はセットアッパーから外れることも多く自分に腹が立った。来シーズンは勝ちパターンで投げたい」と語っている。

来シーズンも抑えのサファテは残留となっており五十嵐亮太らとセットアッパーの座を争うことになる。一年を通してセットアッパーの役割を全うできるよう準備を行っていく。

ソフトバンク・吉村は5000万円現状維持でサイン「外野としてレギュラー狙う」

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事