掲載日: 文章:Clipee運営局

広角に打てる右の大砲!”宮里豊汰”【Players report】

エース鈴木昭汰が注目される中で下級生のスラッガーとして注目を浴びていた1人の選手が最上級生となる。来年のドラフト候補のひとりでもある常総学院の宮里豊汰だ。

氏名:宮里豊汰(みやざととよた)
守備:一塁手
投打:右投右打
所属:常総学院高校
出身:中本牧シニア

1年秋の関東大会で4番一塁を任され初戦の横浜高校戦で公式戦初本塁打を放つ。このとき、横浜の投手は今年楽天にドラフト1位で指名された藤平尚真だった。そして、決勝でもホームランを放ち宮里は一躍有名になった。

しかし、今春の選抜では逆方向へのタイムリーを放ったものの初戦敗退。夏の選手権では打率.214と快音は響かなかった。今秋の茨城大会ではまさかの2回戦敗退を喫し来春の選抜は不在だが夏の選手権で雪辱を果たしたい。

宮里は174センチ、80キロと大きくはないが右足を上げ体全体を使うスイングは豪快で右の大砲としての期待がかかる。また、ホームラン狙いの振り回すスイングではなく広角に打ち分ける技術も兼ね備えている。

守備走塁を抜きにしてもロマンを感じ指名する球団はあるだろう。しかし、高校生で一塁専任ということもあり、よほどパワーを磨かないとドラフト上位指名は難しい。

この冬でどのような成長を遂げるかに注目したい。

キーワード

新着記事