オリックスの平野佳寿が神戸市内の球団事務所で来シーズンの契約交渉を行い今シーズンの年俸から現状維持となる3億円(推定)でサインした。平野は3年契約中で来シーズンは3年目の契約最終年となる。

今シーズンの平野は新外国人投手のコーディエが抑えを務めるということもあり中継ぎでのスタート。しかし、コーディエが結果を残せずにシーズン序盤で抑えに返り咲いていた。シーズンを通して登録抹消もなく58試合を投げ31セーブをマーク。

会見で平野は「一昨年と比べると残念だった。優勝争いをしたほうがモチベーションが高くなるので来シーズンは優勝争いの中で投げたい。僕も責任感を持って投げたい」と優勝争いの中で投げたい思いを語った。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事