強肩の世代ナンバーワン捕手!”福永奨”【Players report】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

高校生は目を見張る150キロのストレート、本塁打を量産する圧倒的なパワーが注目されることが多い。
だが、ディフェンスで評価されている選手も中にはいる。それが、横浜高校の扇の要を任されている福永奨だ。

氏名:福永奨(ふくながしょう)
守備:捕手
投打:右投右打
所属:横浜高校
出身:戸塚シニア

戸塚シニア時代に日本代表として参加した全米選手権で捕手としてチームを牽引、優勝を果たし自身もベストナインに輝いた。当時のキャプテンは現在、作新学院でキャプテンを務める添田真聖だ。

福永は横浜高校進学後、1年秋からレギュラーとして試合に出場しているが順風満帆ではない。今年は3年生の徳田優大と争う形になり甲子園でも先発出場はなかった。しかし、新チームになると5番、捕手として試合に出場を果たしている。

福永は守備が評価されており2塁へのスローイングは2秒前後で正確な送球を投げ込んでおり安定している。肩の良さは世代ナンバーワンとも評されるほど。

打撃は新チームで5番を任されていることもあり本塁打を打てるパンチ力を持っているが粗さが目立ち三振も多い。夏の甲子園、秋の関東大会と合わせて12打数5三振を喫している。

春の選抜出場は絶望的な横浜高校だが夏の甲子園に戻ってくることを期待したい。

こちらの記事に関連するタグ

%e7%a6%8f%e6%b0%b8%e5%a5%a8
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事