山田哲人が1番に望むものは”ゴールデングラブ賞”

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局
  • 写真:GettyImages

今シーズン山田哲人(ヤクルト)は前人未到の2年連続トリプルスリーを達成し3年連続のベストナインに輝いた。練習の虫であり向上心の強い山田はこれに満足せずさらなる高みを目指していることは間違いない。

なかでも山田は守備の名手に贈られるゴールデングラブ賞を熱望しているのだ。
ベストナインが発表された11月25日のコメントでは「非常に嬉しい。個人的には守備力をアップさせてベストナインとゴールデングラブ賞を同時に取りたい」とコメントしている。

先日行われたブローブの契約メーカーでもある「Donaiya」(ドナイヤ)のイベントでも「ゴールデングラブ賞が一番の目標です。今年は菊池さんと差がついたけどもっと練習すればうまくなると思う。来シーズン目指します」とここでもゴールデングラブ賞への想いを語っていた。

ライバルである菊池涼介(広島)に関しては「菊池さんは球際含めてすべてうまい。見ていてすごいと思った。負けないように」と凄さは認めつつも負けないようにと意気込んでいる。

今シーズンの開幕前にも山田は「菊池さんを超えられるかどうかわからないけど近づきたい」と語っていた。しかし、ゴールデングラブ賞の投票結果は残酷だった。昨シーズン菊池が156票に対し山田は89票獲得しその差は67票だった。今シーズンは菊池が257票、山田は僅か7票しか獲得できなかった。250票差という圧倒的な差だ。

今まで、不可能と言われていた2年連続トリプルスリーを達成し来シーズンは3年連続を目指す。同じく不可能に近いゴールデングラブ賞の250票差を埋めてくれることにも期待したい。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事