掲載日: 文章:Clipee運営局

2016年の高校野球10大ニュース総括!

12月1日から高校野球各チームの対外試合が禁止となり本格的にオフシーズンとなった。来春の選抜出場へ向け調整をするチーム、夏に雪辱を果たすために猛特訓をするチームと様々だ。ここで、1年を振り返る意味で2016年の高校野球ニュースを取り上げていこう。

1月

選抜出場32校が決定!21世紀枠にはプロ注目投手も

1月27日に春の選抜高校野球出場32校が発表された。注目の21世紀枠は西日本が小豆島(香川県)、東日本が釜石(岩手県)と共に満場一致で選ばれた。東西の枠に関係なく選ばれる最後の一枠には長田(兵庫)が選ばれた。長田はプロ注目の園田涼輔もおり上位進出も予想されていた。また、各地域枠で高松商業(香川)が20年ぶり東海大甲府(山梨)が25年ぶりに出場となった。両校とも夏の選手権には出場しており久しぶりな感じはしなかったかもしれない。

3月

智辯学園が選抜で初の全国制覇

奈良県の強豪智辯学園が春夏合わせて27回目の出場となった今春の選抜甲子園で悲願の初優勝を遂げた。チームを支えたクリーンナップは2年生ということもあり来年に春連覇の期待がかかる。今秋の近畿大会で8強だった智辯学園が春連覇をかけて出場することが叶うのか注目が集まる。中心選手だった納大地、村上頌樹は共にプロ志望届は提出しておらず東洋大学へ進学見込み。

新着記事