掲載日: 文章:Clipee運営局

北の大地に潜む大型スラッガー”鶴藤昇大”【Players report】

今秋の北海道大会で新たなスラッガーが誕生した。2012年以来のベスト8を超えるベスト4進出を果たした遠軽高校の4番鶴藤昇大だ。

氏名:鶴藤昇大(つるふじのりひろ)
守備:一塁手
投打:右投右打
所属:遠軽高校
出身:遠軽南中

鶴藤は生まれが北海道の遠軽町という生粋の遠軽育ちだ。中学生時代は軟式野球部で投手と一塁の二刀流で活躍。中学3年のときには野球ではなく相撲部屋からも誘いがあったという見事な身体は182センチ、112キロ。相撲ではなく野球を選び遠軽高校に入学。1年生の秋からベンチ入りを果たす。

その鶴藤は今秋の北海道大会で大ブレーク。初戦の札幌清田戦で2打数2安打1本塁打3打点と大暴れ。チームのコールド勝ちに大きく貢献した。続く、富良野戦でも5打数2安打1本塁打3打点と2戦連発本塁打を記録し大きく注目を浴びる。準決勝の札幌一戦は敗れたものの2打数1安打と3試合連続安打を記録。この大会で9打数5安打2本塁打6打点の成績を残した。

鶴藤は完全にスラッガータイプの巨漢一塁手だ。守備、走塁は改善の余地があるが当たれば飛ぶパワーは必見。現時点でプロを目指すかどうかは不明だがロマンを追い求めて指名する球団はあるのかもしれない。

来春の選抜出場は叶わなかったが夏の選手権で全国デビューすることを期待したい。

2016年の高校野球10大ニュース総括!

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事