掲載日: 文章:Clipee運営局

横浜商大の新主将は大城、副主将にプロ注目の佐藤広之ら

神奈川大学野球連盟に所属する横浜商科大学は来年の新体制を発表した。
主将には大城悠也、副主将には河野圭介、佐藤広之、渡辺佑樹、主務には柿崎駿佑が就任する。

大城は今秋のリーグ戦で打率.395とリーグ2位の成績を残しチームを引っ張った。春に行われたDeNA二軍との練習試合では石田健大(DeNA)からマルチ安打を記録するなど注目を浴びていた。

副主将に就任した佐藤は横浜創学館時代から中もkス荒れていた強打の外野手。アメリカ人の父と日本人の母を両親とするハーフで佐藤・デシャーン・広之の名前としてプレーしていた。当時、注目されていたもののプロ志望届は出さず地元の横浜商大に進学。登録名を佐藤広之とし大学野球に臨んでいた。今春のリーグ戦ではベストナインにも選ばれるなど素材を開花させつつある。

新体制で横浜商大は桐蔭横浜大、神奈川大の牙城を崩しに行く。

亜細亜大学が来年の新入部員発表

こちらの記事も読まれています

新着記事