掲載日: 文章:Clipee運営局

ヤクルト飯原は現状維持の2700万でサイン「優勝したい」

ヤクルトの飯原誉士が東京都内の球団事務所で来シーズンの契約交渉を行い今シーズンの年俸から現状維持となる2700万円(推定)でサインした。

今シーズンの飯原は4月下旬に一軍登録されるとシーズン終了まで抹消されることなく主に右の代打としてチームに貢献した。契約更改後の会見で飯原は「代打が多かったがもっといい成績を残せればよかった。来年はもっと頑張りたい。やはり、チームが5位で終わったのは悔しい。来シーズンは優勝したいです」と2年ぶりの優勝を目指す来シーズンへ向けて抱負を語った。

飯原は来シーズンで34歳となり野手では畠山和洋に次ぐ2番目の年長者となる。一振りにかける右の代打として来シーズンもチームに貢献する。

ヤクルト・井野が780万円でサイン 「恩返しができるように」

キーワード

新着記事