掲載日: 文章:Clipee運営局

U-12日本代表も経験!”福元悠真”【Players report】

今春の選抜甲子園で初めての優勝を果たした智辯学園が誇る強打者がいる。選抜でも1年生ながらクリーンナップを務めていた福元悠真だ。

氏名:福元悠真(ふくもとゆうま)
守備:外野手
投打:右投右打
所属:智辯学園高校
出身:奈良葛城ボーイズ

福元は小学生のときにU-12日本代表に選ばれ投手兼内野手としてU-12世界野球選手権に出場している。この大会で福元は打者として9打数5安打5打点3盗塁、打率.556の成績を残し投手としては1勝1敗、防御率4.50と二刀流の働きをみせた。日本は5位に終わったが福元は十二分に活躍したと言っていいだろう。

智辯学園入学後は1年秋からレギュラーとなり今春の選抜では2年生ながら4番を務めホームランを放つなど初優勝に大きく貢献した。また、今夏の選手権大会でも4番に座り2試合で3安打を放っている。

新チーム結成後、福元は主将に就任し1番を任されるようになり秋季近畿大会では2試合で1本塁打を含む8打数5安打4打点とチームを牽引した。準々決勝で大阪桐蔭に敗れたため選抜は当確となっていないが出場を果たスことを期待したい。

178センチ、75キロと体格は大きくないが長打力はあり大きいスイングは魅力的だ。小学生時代は投手、中学で捕手の経験もあり肩は強い。持ち味の強肩を生かした守備にも期待したい。

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事