掲載日: 文章:Clipee運営局

ヤクルト・比屋根は200万円ダウン「昨シーズンのように優勝したい」

ヤクルトの比屋根渉が東京都内の球団事務所で来シーズンの契約交渉を行い今シーズンの年俸2000万円から200万円ダウンとなる1800万円(推定)でサインした。

今シーズンの比屋根は坂口智隆の加入により出場機会が激減。試合数こそ76試合と昨シーズンの84試合から8試合減にとどまったが打席数は240から142へと約100打席の減少となった。また、試合の勝敗を左右しかねない失策などもあり印象が悪かった。

会見で比屋根は「昨シーズンのように優勝したいから僕は守備、走塁で貢献できるように頑張りたい」と守備、走塁に力を入れることを誓った。

今シーズンのお立ち台でも「僕は守備の人だと思っているので」と発言があったように守備の人としてチームに貢献する。

ヤクルト・秋吉が大台突破!4年目での到達は古田氏、青木に続き球団3人目

キーワード

新着記事