掲載日: 文章:Clipee運営局

ソフトバンク・五十嵐は現状維持の3.5億円で更改「中継ぎでは気づかなかったポイントも見つかった」

ソフトバンクの五十嵐亮太がヤフオクドーム内の球団事務所で来シーズンの契約交渉を行い今シーズンの年俸から現状維持となる3億5000万円(推定)で更改した。来シーズンの五十嵐は2年契約の2年目となる。

五十嵐は今シーズン4月下旬に肉離れもあり登録抹消。2ヶ月間戦列を離れ登板数は33試合とソフトバンクへ移籍後最少となった。また、防御率も昨シーズンの1.38から2点以上悪化し3.62と結果を残すことができなかった。シーズン終了後に参加したウインターリーグではプロ入り後初の先発を務めるなど新しいチャレンジを精力的に行っている。

会見で五十嵐は「シーズン後半にある程度見えてきた。それを身体に覚え込ませるためにウインターリーグへ参加し中継ぎでは気づかなかったポイントも見つかった」と語り来シーズンへ向けた手応えをウインターリーグでつかみとったようだ。

ソフトバンク・中村晃は3000万円アップ 「優勝できなかったので悔しい」

新着記事