岡本和真、廣岡大志とここ数年スケールの大きい打者を輩出している強豪智辯学園。その智辯学園から来年もスケール感を感じさせる選手がドラフトに掛かりそうだ。1年生の時から主軸を任されている太田英毅だ。

氏名:太田英毅(おおたひでたけ)
守備:内野手
投打:右投右打
所属:智辯学園高校
出身:神戸中央シニア

ヤクルトに入団した2学年上の廣岡大志のあとを受けショートを任されている太田。1年秋から1番ショートを任され春の選抜に出場。選抜では3番ショートに抜擢され福元悠真と下級生ながら3番、4番を打ち選抜制覇に貢献した。ホームランこそなかったものの5試合で打率.316をマークしている。

夏の選手権はケガの影響もありセカンドにコンバートされ3番セカンドで出場。初戦の第一打席で待望の甲子園初アーチを放った。新チームとなった秋季大会では再びショートに戻っている。秋季大会では2試合で5打数1安打2打点と本領を発揮できなかったが春の選抜で雪辱を果たしたい。

176センチ、78キロとスラッガーにしては線が細いが体全体を使うスイングでホームランを放つ。足も早く山田哲人(ヤクルト)のようなイメージが近い。守備範囲も広くセンスがありショート、セカンドどちらもこなす。肩は強いが送球難があるためプロでは山田同様セカンドでの起用がよさそうだ。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事