掲載日: 文章:Clipee運営局

西武は岸の補償を金銭とすることに決定

西武からFA宣言し楽天へ移籍した岸孝之の補償を金銭のみとすることを決定した。

楽天からプロテクトリストは届いていたが西武球団内で吟味、検討した結果現有戦力の底上げになる選手はいないと判断。本日、鈴木本部長が「楽天から頂いたプロテクトリストを精査したところ球団のニーズにマッチする選手はいなかったため人的補償はありません」と報道陣にコメントした。

岸の今シーズン年俸は2億2500万円(推定)となっており楽天から西武に支払われる金銭補償は1億8000万円となる。

楽天は中村紀洋(中日→楽天)、今江敏晃(ロッテ→楽天)に続き3人目のFA選手獲得となったが今回も金銭のみの補償となった。

※中村はCランクのため補償なし

西武・浅村は大幅アップ「キャリアハイ目指す」

キーワード

新着記事